上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1986年。娼婦としての生活に疲れきっていたアイリーン・ウォーノス(シャーリーズ・セロン)は、ある夜立ち寄ったバーで、同性愛者の少女セルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会う。アイリーンは、純粋に自分を慕ってくれるセルビーに希望を見出し、2人で新しい生活を始めるため最後の客を取る。しかし、烈しい暴力を受けたアイリーンは男を射殺してしまう。セルビーを連れて逃げ出したアイリーン。「彼女のためなら何でもする」。その決意は、次第にアイリーンを追い詰めていく・・・・
アメリカ初の女性連続殺人犯として、「モンスター」と呼ばれた女性アイリーンの痛々しい人生を描いた実話映画。
最近テレビで繰り返し放映されていたので、はまって何度も観た。
このアイリーンを演じたシャーリーズ・セロンという女性の演技がまた迫力ある。彼女はこの映画で2003年度のアカデミー最優秀主演女優賞を獲得したらしい。更にこの映画で13キロも体重を増やし普段の綺麗な彼女とは全くの別人に見えた。
ちなみに、この映画は「テルマ&ルイーズ」のモデルともなっているそうです。

シャーリーズ・セロン↓
movie.jpg


モンスターでのシャーリーズ・セロン↓
movie1.jpg


アイリーン・ウォーノス↓
images1.jpg


是非皆に観てもらいたい映画なのでちょっと書いてみました。



スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © Lane家のドタバタ奮闘記 in Florida all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。