上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年、私が立て続けに親知らずが痛くなって抜歯したんだけど、今度はうちの旦那。

左下の親知らずが虫歯になってて、痛むらしい。 もう先週辺りから痛みで眠れないでいて、火曜日に歯医者さんに行ったんだけど、今日は抜歯出来ないと言われて金曜日に予約を入れなおして帰ってきた。

しかも医者の話だと4本の親知らずと下の2本の親知らずに隣接してる歯の6本を抜かなきゃ駄目とか言ってる。。。その後その2本に差し歯を入れるって。
とりあえず金曜日は全身麻酔で6本抜歯なんだけど、その明細出してもらったら、マジ胃が痛くなったわ。

大体、医者も行ったその時に抜いてくれりゃーいいのに、2回にわけた方が儲かるからか、今日は時間が遅いから抜きたくないって、その時まだ3時半だったし・・・。

うちの場合は私も旦那も爆弾を抱えてるから、いつも頭の中に医療の問題があるんだけど、イヤー、病院に行ったりすると改めてムカついてくるわ。。。

誰かが日本は国民を国が助けてくれるけれど、アメリカは、自分の事は自分で責任を持たなければやっていけなくて、病気になった時に保険に入ってないで治療を受けられないのは自分の責任だって言ってた事がある。

でも、私の場合はどうなんだろ、日本で癌になって治療して、こっちにきて保険に加入出来ても癌は今のところカバーしてくれないよ。 これも私の責任なの?

それに保険料バカ高い・・・癌のカバーしてくれないし、旦那の足の手術も一年以上掛け金かけてからじゃないと駄目だとか、骨に穴が開いてるっつーのに、手術前に折れたりして切断にでもなったらどーすんだってマジ最近悩んでる。しかも夫婦二人で毎月1000㌦以上の掛け金で、歯科と眼科保険はまた別もんだし、旦那が足の痛み止めとして飲んでる薬なんか5錠で49㌦・・・そんなん、あり得ないし。

そうかと思えば、ちょっと前にニュースで観たんだけど、救急で病院に運ばれた女性が血をドクドク流して倒れてるのに、医者はただ突っ立って見てるだけで何もせず、一緒にいた旦那さんだと思うんだけど、とにかく男性が、その病院から911に電話して他の病院に移送してくれって必死に頼むんだけど、911の対応は、「もう病院にいるのに、他の病院への移送は出来ません。」 結局、その女性はその病院で誰の助けももらえず亡くなった。 
詳しくわかんないんだけど、健康保険に加入してなかったのかも・・・・・「してなかったのかも」ってサラっと書いてはみたけど、保険未加入のせいで苦しんでる人を放っておく医者っておかしすぎだと思う。 アンタそれでも医者かって感じ。

なんか、お金のない人は病気になったら死ねって言われてるみたい、それもホント莫大なお金がないとダメ。

日本で具合悪くなったりした時にお医者さんの顔見るとホッと安心出来るんだけど、こっちの医者だと虫歯じゃないのに虫歯になってるから治療しないと駄目とか、どういう副作用があるかも教えてくれずにメチャ発がん性が高いホルモンを飲めとか、全然ホッと出来ないんですけど。

日本にいた頃に観たデンゼルワシントンの映画、ジョンQ 観た時は、なんだか意味がわかんなかったけど、今こっちに住んでみて、あの映画の意味、日本ではあまり紹介されない米国医療経済の実態がよく解ったよ。 ジョンQの映画をより理解するために

最近日本でも保険の問題やら色々あるとは聞いてるけど、こんな制度だけは取り入れて欲しくないと本気で願うよ。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © Lane家のドタバタ奮闘記 in Florida all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。